21世紀は投手が独占 西武・源田は19年ぶりパ野手新人王なるか

オールスターが終わり、17日からペナントレースも後半戦に突入する。前半戦のパ・リーグを振り返ると新しいスター候補選手の台頭が見られた。中でも埼玉西武のルーキー・源田壮亮内野手の攻守にわたる活躍は開幕前の予想を大きく覆した。

画像
西武・源田壮亮(C)PLM

ここまで輝き放つ源田、球団新人盗塁記録にも「1」

 オールスターが終わり、17日からペナントレースも後半戦に突入する。前半戦のパ・リーグを振り返ると新しいスター候補選手の台頭が見られた。中でも埼玉西武のルーキー・源田壮亮内野手の攻守にわたる活躍は開幕前の予想を大きく覆した。

 トヨタ自動車からドラフト3位で入団した源田は、社会人時代から定評のあった堅実な守備でショートのレギュラーを獲得。開幕直後は9番を打っていたが、4月5日のオリックス戦から2番に昇格。以降、1番・秋山翔吾と3番・浅村栄斗、4番・中村剛也をつなぐ役割として打撃でも魅せている。その打撃の持ち味となるのが勝負強さだ。前半戦終了時点の打率は.266だが、得点圏打率で見るとリーグ8位の.307。チームでは浅村、秋山に次ぐ数字だ。

 また、自慢の俊足も生かし、北海道日本ハム・西川遥輝と熾烈な盗塁王争いを繰り広げている。リーグトップである西川の25盗塁にあと1と迫る24盗塁。25盗塁に到達すれば、1953年の豊田泰光氏、1981年の石毛宏典氏の持つ球団新人盗塁記録に並ぶ。この球団記録の更新はほぼ確実であり、新人での盗塁王獲得にも期待がかかる。

 源田の盗塁で印象深いのは、5月17日の千葉ロッテ戦だった。1点を返し2点差としたところで打席に立った源田は死球で出塁し、続く3番・浅村の安打で二塁へ進む。そして4番・中村の打席、カウント2-0から盗塁を決めて三塁を陥れる。その後2死満塁とすると、6番・栗山が2点タイムリーを放ち同点に。4回には勝ち越し点を奪い、最終的には8-4で埼玉西武が快勝した。

現時点で新人王有力候補、源田のライバルは?

 現在、源田は全試合に出場し新人王の有力候補なのは間違いない。パ・リーグで野手が新人王を獲得したのは、実は1998年の西武・小関竜也氏が最後。翌1999年の西武・松坂大輔投手から18年間、野手の新人王は出ていない(2000年は該当者なし)。

 過去には新人野手が活躍を見せるも、新人王を逃すケースが幾つもあった。2010年には千葉ロッテ・荻野貴司が5月下旬まで打率.326、25盗塁と躍動したが、右ひざ半月板の損傷で戦線離脱。シーズン中の復帰はかなわず、日本ハム・榊原諒氏が新人王となった。翌2011年には同じ千葉ロッテの伊志嶺翔大選手がシーズン途中から1番打者に座り32盗塁と結果を残すも、シーズン途中に先発から抑えに転向し22セーブを挙げた埼玉西武・牧田和久投手が新人王を受賞した。

 記憶に新しいのは昨年の楽天・茂木栄五郎だ。開幕からショートのレギュラーを獲得し、規定打席に到達。打率.278(チームトップ)、7本塁打の成績を残したが、新人王の投票では10勝を挙げリーグ優勝に貢献した日本ハム・高梨裕稔投手に軍配が上がった。茂木の得票数は116、高梨投手の得票数は131と15票差だった。

 源田にとって新人王争いのライバルとなるのはオリックス・黒木優太投手だ。38試合に登板し5勝1敗20ホールドとオリックスの勝ちパターンの一角を担っている。19年ぶりのパ・リーグ野手新人王に向け、後半戦の源田の攻守にわたる活躍に注目だ。(「パ・リーグ インサイト」武山智史)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

あなたにおすすめ