兵庫県内100カ所ライブ展開中 歌手・小関ミオさん

画像
1年かけ、県内100カ所ライブに挑戦している小関ミオさん=神戸市中央区

 フレンチポップスやシャンソンを得意とする歌手の小関(こせき)ミオさんが、1年間で兵庫県内100カ所のステージに立つプロジェクトに挑んでいる。昨秋から神戸や加古川の飲食店で歌い、すでに40カ所を突破。「縁のない土地だったけれど、人の温かさが身に染みる。街に育ててもらっている」。但馬や淡路のイベントもめぐり、11月に三宮での初の単独ライブでゴールする。(上杉順子)

 昨年11月に始めた「HYOGO 100LOVE LIVE」。千葉県出身の小関さんは「年齢を重ねるごとに輝きを増す」フランス女性に憧れ、子どものころからフランス語を勉強。6年前に作詞作曲を始め、2013年には語学やパフォーマンスに磨きをかけようと単身渡仏。1年半滞在し、帰国後は自ら歌い始めた。

 繊細かつ情熱的な歌声が持ち味。東京を中心に活動するも芽が出ず苦しんでいた昨年、神戸で音楽イベント「In the Mood」(イン・ザ・ムード)を主宰する波戸岡正章さん(34)=神戸市兵庫区=がCMで歌声を耳にし、声を掛けた。「神戸の街に合う声だ」と励ます波戸岡さんとともにプロジェクトを開始。三宮や元町のバーなどで歌い、投げ銭制で活動資金を募る。

 会場を提供するバーのマスターらに「昔の歌手たちの地方巡業を思い出す。頑張りや」と激励され、「震災を超えてきたからか、新しいものが入ってくる港町だからか、人が優しい」と感激。6月にリリースした新曲は、KissFMの同月のヘビーローテーション曲に選ばれた。7月16日には、神戸・メリケンパークで開かれた「Kobe Love Portみなとまつり」のステージにも立った。

 99カ所は投げ銭制で、100本目の11月10日、三宮・東門街「クラブ月世界」でのライブのみ2700~5940円のチケット制。今後のスケジュールなどは小関さんのホームページで確認できる。サンドリオングループTEL050・1316・6353

あなたにおすすめ