【高円宮杯】清水ユースの至宝、平墳迅を覚醒させた「4つの初体験」とは?

画像

 清水エスパルスユースが絶好調だ。とりわけ攻撃陣の火力が半端ない。
 
 主将を務める技巧派アタッカー滝裕太(3年)と高い得点能力を持つ平墳迅(3年)の2トップに、勝負強さが売りの鈴木魁人(3年)とドリブルで局面を打破する新開成弥(3年)の両サイドハーフ。彼らが自由自在にポジションを変えながらチームアタックを牽引している。前半戦(9節終了)を終えたプレミアリーグEASTで、リーグ最多の20得点を記録。首位快走の原動力となっているのが、このカルテットだ。
 
 なかでも7得点で得点王争いのトップに立つ平墳が、ひときわ異彩を放っている。
 
「ちょっと他とは違う」。
 
 チームメイトの誰に訊いてもそんな答が帰ってくる。突出しているのはゴールへの執着心。左足から放つ強烈な一撃に加え、180センチ・77キロの体躯を活かしたポストプレーや献身的な守備も武器だ。
 
 今季のプレミア開幕戦、FC東京U-18戦ではハーフウェイーライン付近から左足で豪快弾を突き刺し、点取り屋としての才能をまざまざと見せ付けた。7月16日の9節・柏レイソルU-18戦でも勝利に導く2ゴールを奪取。決定力の高さを存分に示している。
 
 いまでこそ特大の輝きを放っている平墳だが、昨年までは全国的に無名の存在だった。
 
 中学時代は杉本太郎(現・徳島ヴォルティス)などを輩出した岐阜VAMOSでプレー。県選抜に選出された経験もあったが、日の丸を背負う機会は訪れなかった。さらなる成長を期して、高校進学のタイミングでJの下部組織入団を望むも、その第1希望はセレクションで落選。なんとかふたつ目の清水ユースで合格を勝ち取ったが、当初は高いレベルの練習に戸惑うばかりで、付いていくのがやっとだったという。思うようなプレーがまるでできず、もがき苦しんだ。
 
「技術的にもみんな巧くて、自分がやっていけるのか本当に心配になった」
 
 それでも平墳は挫けることなく、コツコツと地道な取り組みを積み重ねた。やがてその姿勢が実を結び、徐々に出場機会を得ていく。昨年は1年を通じてピッチに立ち続けた。
 
 そして迎えた今季、「4つの初体験」が平墳のサッカー人生を劇的に変えるのだ。
http://www.nsks.com/mook/detail/id=513  

画像

 まず、春先にゼロックス・スーパーカップの前座試合として行なわれた高校選抜対Jユース選抜戦で、初めて県選抜以上のチームに抜擢招集された。続けて、清水ユースのドイツ遠征で初めて海外クラブとの試合を経験。そして3つ目が、急転直下のトップデビューだ。開幕前のキャンプに帯同していた平墳は、4月12日のルヴァンカップ・コンサドーレ札幌戦でプロのピッチに立った。
 
 確かな手応えと自信を掴むと、プレミアでは開幕から得点を量産。そのハイパフォーマンスはU-18日本代表スタッフの興味を引き、6月のポルトガル遠征でついに初招集。わずか半年の間に、次から次へと未踏の領域に踏み込んだ。眠っていた潜在能力を開花させたのである。「海外の選手やプロは寄せの速さなんかが高校生と全然違うけど、トップや代表の試合を経験したことで余裕が出てきた」と、手応えを口にした。
 
 進化の過程をつぶさに見守ってきた平岡宏章監督は、こう話して目を細める。
 
「Jリーグ選抜の一員としてほんの短い時間でしたけど、ピッチに立った。そういう選抜チームに入ること自体初めてでしたからね。その後にチームでドイツ遠征を行ったんですが、まだパスポートも持ってませんでしたから。トップチームでも代表チームでも懸命にプレーしているでしょう。その期待に応えたいという気持ちが、成長を促しているのだとも思います」
 
 いまではチームメイトの滝も、「収める時に収められるし、シュートの精度も上がっている。レイソル戦でも2点を取ってくれたけど、レベルの高いところで経験を積んできたからか、シュートかパスかの判断のところがすごく良くなったと思う」と称えた。
 
 平墳の真価が問われるのは、対戦相手のマークがさらに厳しくなるこれからだ。だが、ストライカーの逸材に迷いはない。7月23日に開幕する日本クラブユース選手権や、プレミアの後半戦に向けて、こう言い切る。
 
「点を取るためには悩まず、強引にでもシュートを撃たないといけない。迷うとダメなんです。監督にも言われるのですが、迷うと判断が遅くなってしまって、ゴールを狙えなくなる」
 
 清水ユースが誇る、スケールの大きな点取り屋。高校生活最後の夏を経て、さらなる進化を遂げるか。
 
取材・文:松尾祐希(サッカーライター)
 

あなたにおすすめ