早実の清宮、満塁で高校105号

16強入り、西東京大会

芦花戦の7回、高校通算105号となる満塁本塁打を放つ早実・清宮=ダイワハウススタジアム八王子

 高校野球屈指のスラッガー、早実の清宮幸太郎内野手が17日、ダイワハウススタジアム八王子で行われた西東京大会4回戦で高校通算105号となる満塁本塁打を放った。チームは芦花に14―0の七回コールドゲーム勝ちで16強入りし「感触も良かった。いい形で終われた」と納得顔だった。

 五回2死満塁では二飛に倒れたが「前の打席の感覚を修正して入れた」と鋭いスイングで直球を捉えた。

 5回戦は21日に神宮球場で行われる。高校通算最多とされる山本大貴(兵庫・神港学園)の107本まであと2本に迫った強打者は「初戦のつもりで万全の準備をして臨みたい」と、気合を入れ直した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。