マカオの新大型IR「MGMコタイ」が飲食店ラインナップ公開…17年第4四半期開業予定

 マカオ・コタイ地区に今年(2017年)第4四半期にオープン予定の大型カジノIR(統合型リゾート)「MGMコタイ」の運営会社は7月17日、リゾートに併設する9つの飲食店ラインナップ及び概要を発表した。

 同社によれば、国際的な名声を博す4人のシェフとコラボレーションした4つのレストランなど、クリエイティブで多元的なグルメ体験を提供するとのこと。

 なお、9つのレストランで働くシェフの数は460人超、提供座席数は1365席になるという。

Grill 58°(盛焰)

画像
Grill 58°(盛焰)

 ミシュランガイドで2つ星評価を獲得した実績を持つフランス系アルゼンチン人シェフ、マウロ・コラグレコ氏とのコラボレーション。プレミアムビーフを使ったステーキを中心に、ワインや日本酒も豊富に揃える。

Aji(雅吉)

画像
Aji(雅吉)

 世界的に高い評価を受けるペルー・リマの高級店「Maido(マイド)」の料理長を務める日系ペルー人シェフ、ミツハル・ツムラ氏とコラボレーションしたマカオ初の日系ペルー料理店。

Coast(濤岸)

画像
Coast(濤岸)

 ミシュランガイドで星を格闘した実績を持ち、米国のテレビ番組「Top Chef」で司会も務めるグラハム・エリオット氏とのコラボレーション。ピザ、パスタ、サラダ、グリルなど、コンテンポラリーなカリフォルニア料理を提供するほか、カリフォルニアやニューワールドのワインも多数揃える。

Janice Wong MGM

画像
Janice Wong MGM

 2013、2014年にアジアのベストパティシエ50に選ばれた実績を持つシンガポール人の女性パティシエ、ジェニス・ワン氏の名を冠したカフェ。店内には世界最大級となる7.3メートルの巨大な3色チョコレートファウンテンを設置。

Chún(淳)

画像
Chún(淳)

 上質の食材を使った新鮮で精緻な広東料理を提供するファインダイニング。入り口に中国茶バーを併設。

Five Foot Road(蜀道)

画像
Five Foot Road(蜀道)

 唐辛子やコショウをふんだんに使った四川省成都の料理が中心。中国各地の定番メニューも揃え、スパイシーな料理が苦手という人も安心。

Hǎo Guō(好鍋)

画像
Hǎo Guō(好鍋)

 シーフードのホットポット(火鍋)のほか、北京ダックや餃子、海鮮粥など、中国各地のメニューを揃える。

Miàn Duì Miàn(面對麵)

画像
Miàn Duì Miàn(面對麵)

 カジノフロアに併設する24時間営業のヌードル店。お粥やご飯ものも揃う。店内から麺や餃子を作るキッチンの様子を望むことができる。

Bar Patuá(百話廊)

画像
Bar Patuá(百話廊)

 中国茶を使ったものなど、オリエンタル要素を盛り込んだカクテルを豊富に取り揃えるバー。店名の由来はマカオで受け継がれ、多元的な文化や歴史を反映する存在として知られるポルトガル語と複数のアジアの言語が混ざり合ったパトゥア語から。

あなたにおすすめ