大岩戸と白鷹山、負け越し決まる 大相撲名古屋場所9日目・郷土勢

 大相撲名古屋場所9日目(17日、愛知県体育館)の郷土勢は、幕下の大岩戸(鶴岡)が押し出しで常幸龍に、白鷹山(白鷹)が寄り切りで徳真鵬にそれぞれ敗れ、負け越しが決まった。琴鎌谷(千葉、佐渡ケ嶽親方の長男)は、大翔龍に寄り切られ3敗目。

 三段目の北勝鶴(鶴岡)は天一を寄り切りで下し、通算成績を2勝3敗とした。

 序二段の最上錦(大蔵)は朝倉に押し出され3敗目を喫し、後がなくなった。すでに勝ち越しが決まっている前田(鶴岡)は、太熊を寄り切り、負けなしの5連勝。ほかは取組がなかった。

あなたにおすすめ