500歳野球、神奈川のチームV

第1回全国大会

©一般社団法人共同通信社

行財政専門情報サービス

全国の新聞社43社と共同通信社が提供する行財政ニュースサービスです。中央省庁や多くの自治体でご利用いただいています。

詳細はこちら

 選手9人の合計年齢が500歳以上のチーム同士で戦う「500歳野球」の第1回全国大会の準決勝と決勝が17日、秋田県大仙市で行われ、神奈川県の横浜シニアクラブが優勝、初代王者に輝いた。

 横浜シニアクラブは準決勝で宮城県の杜乃都クラブを11―6で、決勝で秋田県の牛島クラブを19―7で下した。

 500歳野球は「生涯現役でプレーしたい」と、秋田県内の野球愛好家が集い、1979年に第1回県大会が開かれたのが始まり。第1回全国大会には12都県の32チームが参加し、15日から3日間、トーナメント方式で対戦した。

あなたにおすすめ

Curated by

papers