失踪者問題の早期解決訴え 中村三奈子さんの母クニさん署名活動

画像
チラシを配るなどして失踪者問題解決への協力を呼び掛けた中村クニさん=16日、長岡市の山古志闘牛場

 北朝鮮に拉致された可能性を排除できない長岡市の特定失踪者、中村三奈子さん=失踪当時(18)=の母クニさん(74)や支援者が16日、長岡市山古志南平の山古志闘牛場で問題の早期解決を訴える署名活動を行った。チラシを配り、情報提供を呼び掛けた。

 三奈子さんは1998年4月7日、新潟空港から韓国へ出国した記録を最後に足取りが途絶えた。署名活動は、同所で開かれた闘牛大会に合わせて実施した。

 クニさんら3人は来場者に署名を呼び掛け、受け取った人は「大変だと思うが、諦めずに頑張って」と声を掛けていた。

 署名した新潟市江南区の公務員、小泉ひとみさん(61)は「私たち国民も、できる限りの協力をしていきたい」と話した。クニさんは「問題に関心を持ってもらうためにも、粘り強く活動を続けたい」と強調した。

あなたにおすすめ