効率的に節電! エアコンの使い方5つのポイント

©株式会社オールアバウト

エアコンの節電対策について、具体的な方法をご紹介します。

社会全体で「節電」に取り組んでいる今、より効果的な節電対策が求められます。以前、家庭の中で消費する電力の約25%を占め1位だったエアコンも、ハード面の省エネ化や使い手の意識が進み、最近は約7.4%まで減り4位となりました。それでも、エアコンを効果的に節電することで、家庭全体の節電には大きく貢献できます。そこで、エアコンの節電対策について、具体的な方法をご紹介しましょう。

その1~設定温度を1℃変える

皆さんもよく耳にする対策ですが「設定温度を1℃変える」と、暖房時・冷房時ともに約10%程度の省エネが期待できます。冷房温度設定なら28℃、暖房時は20℃が目安とされていますが、無理は禁物です。体調を考慮しつつ、取り組んで下さい。

■温度設定のコツ

温度・湿度と不快指数の関係グラフ※All About「環境を考えた住まい」参考

湿度によって体感温度は変わるものです。人は、湿度が15%増えると気温が1~2度上昇した感じになるともいわれます。これは、湿度が高いと汗の蒸発が妨げられ、身体に熱がこもりやすくなるからです。そのため、冷房の目安が28℃に推奨されているからといって、温度だけを見て判断すると危険です。

例えば、温度が28℃で湿度が60%くらいであれば、不快さはあまり感じませんが、湿度が75%を超えだすとかなり不快感が高くなります。また不快なだけでなく、熱中症の危険も高くなるといわれていますので、温度だけでなく湿度とのバランスを整えることが大切です。

■温度計・湿度計のすすめ

温度が高いのか、湿度が高いのかを知ることで適切な対処ができますし、自分が快適だと感じる温度・湿度を知ることで、無駄を減らせることにもつながります。ガイドの場合、温度が高いのはかなり平気ですが、湿度が高いと途端にぐったりするということが分かっているので、湿度が高くなければ扇風機で、湿度がとても高ければ除湿をするなど工夫しています。

熱中症対策として温度と湿度のバランスがひと目で分かる「温湿度計」もありますので、上手に活用することをおすすめします。

その2~運転時間を1時間減らす

当たり前のことですが、運転している時間を減らせばその分節電になります。1日1時間を目標にすれば単純計算で、10時間使う人なら10%、5時間使う人なら20%の節電になります。少しずつでも時間短縮を心がけてみましょう!

■運転時間削減のコツ


外出前30分に電源を切り、帰宅後30分に電源を入れる習慣をつければ、合計1時間の削減になります。

例えば冷房の場合、エアコンを消したからといって急激に温度は上がりません。出かける30分前にOFFになるようタイマーを利用すれば、消し忘れ防止にもなりますので、ぜひ試してみて下さい。また帰宅直後は、窓を開けて換気をして下さい。昼間の熱で温まった部屋をそのまま冷房するより、壁・床・天井を外気で冷ました方が、消費電力は抑えられます。換気をしている間に、着替えたりシャワーを浴びて汗を流していれば、30分程度は稼げるでしょう。

■就寝時のコツ

就寝時の利用時間を減らすため、寝てから2~3時間後にOFFになるようタイマー設定をする人もいるでしょう。しかし、朝方に暑くてエアコンを入れ直した経験はありませんか? 朝方は温度が下がっているのにも関わらず、室内が暑くなるのは、部屋の壁・床・天井自体が温まっているため。就寝後2~3時間の冷房ではそれらの部分が冷えきらず、エアコンが切れた途端に室温が上がりだしてしまうのです。朝までそのままでいられるのであれば節電になりますが、暑くて目が覚めてしまい再びエアコンを点けるのであれば、設定温度を28~29℃にしたままつけておく方が、少ない電力で運転している分、得策と言えそうです。

その3~運転モードの消費電力を知る

冷房・暖房・除湿の、具体的な消費電力を知るというより、お使いのエアコンで、消費電力の多い順番を知ることが適切な節電につながります。

冷房と暖房については、取り扱い説明書やカタログに定格消費電力が記載されています。立ち上がり直後と安定時で消費電力は異なりますが、目安として確認してみて下さい。除湿については数値の表示はありませんが、一般的に除湿は「弱冷房」と一緒なので、冷房時よりは少ないと考えて大丈夫です。

■「再熱除湿」に注意

除湿の方式により、消費電力が【再熱除湿】>【冷房】>【除湿】の順になっていることもあるので、しっかり確認を!

最近の機種には、温度を下げず湿度だけを下げる「再熱除湿」が採用されているものが多くあります。「再熱除湿」とは、除湿のために一度下げた温度を再度室温にあげて送り出すこと。そのため、機種によっては冷房より電力を消費する傾向がありました。しかし最新モデルでは、排熱を利用して消費電力を抑えた仕組みに進化しています。また「除湿」と「再熱除湿」を選べるモデルと「除湿」を選ぶと自動的に「再熱除湿」になるものなど、「除湿」といってもお使いの機種により仕様が異なります。そのため、節電のつもりで「除湿」を選んでいても、かえって電気を消費しているということになりかねません。お使いのエアコンがどのような除湿方式を採用しているのか、取扱説明書などでしっかり確認しておきましょう。

■「自動」モードのすすめ

また、暑いと感じたら、温度を下げるのではなく「風量」を強くすると、体感温度が下がるため涼しく感じる効果があります。また「風向」も重要です。冷たい空気は下にたまり、温かい空気は上にたまるため、冷房時は上向きに、暖房時は下向きに風を吹き出すと部屋の温度が均一になりやすいでしょう。

このような細かな設定も「自動運転」にしておけば、温度・湿度など状況から、最適な運転モードと風量・風向で運転してくれます。自分で判断できなくて悩むのなら「自動」モードを利用するのがおすすめです。その上でエアコンが効きすぎると感じた場合は、温度設定を高めにするとよいでしょう。

その4~フィルターの手入れは2~4週間に1度が理想

フィルターが目詰まりしていると消費電力に約6%の差がでるといわれています。フィルター掃除は、室内の環境にもよりますが「2~4週間に1度」が理想的。しかし、なかなか手が回らないのが現状でしょう。

最近のエアコンには「自動掃除機能」が搭載されています。上位機種では、フィルターだけでなく熱交換機や送風ファンなど、内部まで掃除をする機能がついていますし、廉価機種でもフィルターの自動掃除はほぼ標準化されています。小まめな手入れが苦手な人は、買い替えるのもひとつの方法ですね。

その5~室外機は風通しのよい日陰に

室外機の環境もエアコンの効率を左右します。室外機は、室内の熱を外に出しています。その排熱を妨げないためにも、周囲に物を置かないこと。また室外機の周辺温度が高くなると、運転効率が悪くなり余計に電力を消費するので、風通しを良くすることも大切です。

植物やよしずなどで日陰をつくる時も、風の通りは必ず確保しつつ日陰をつくることがポイントです。室外機は、風通しの良い日陰がベストポジションと覚えておきましょう。

(文:戸井田 園子)

あなたにおすすめ