土屋太鳳「もっと痩せろ!」の言葉に魂の叫び

画像アドリブの背景を明かした土屋太鳳

 女優の土屋太鳳が17日、イイノホールで行われた映画『トリガール!』完成披露テイクオフイベントに、間宮祥太朗高杉真宙池田エライザ矢本悠馬英勉(はなぶさつとむ)監督とともに登壇した。本作で、アドリブが非常に多く採用されていることが話題になると、間宮が「もっとやせろ!」とアドリブを放った場面で、土屋が「そこそこスリムだろうが!」と返したシーンに英監督は「あの太鳳ちゃんのセリフは役柄じゃなかったね」とぼそり。土屋は苦笑いを浮かべていた。

土屋太鳳、魂の叫び「そこそこスリムだろうが!」 画像ギャラリー

 そのシーンについて土屋は「トレーニングしてだんだん体がしまっていくシーンだったので、自分なりに体重を落として臨んでいたんです。それなのに『まだ痩せろ』って言われたので、反射的に出てしまったセリフです」と撮影を振り返る。

 すると間宮は「英監督から『二人の関係性から、間宮くんが太鳳ちゃんを困らせたり怒らせたりするほうがいいのでは』と言われたので、台本のセリフをしゃべらないようにしていたんです」とアドリブ連発の理由を説明すると「でも、アドリブに対する反射神経が動物的にすごいんですよ」と土屋を絶賛。

 そんな土屋は、パワフルで毒舌全開といういままでにない役柄を演じているが「これまでの役柄と違うというよりは、パワーの出力の方向が違うという感じ」と印象を語ると「はじけている場面ほど、裏側の気持ちを意識しました」と役へのアプローチ方法を語っていた。

 またこの夏挑戦したことを聞かれた土屋は「遊びをがんばりたい」と即答。ざわめく場内に「悪い遊びじゃないです」と照れ笑いを浮かべると「エライザちゃんはすごく勉強家でいろいろなことに対して話題が豊富で憧れます。わたしも素敵な人生経験をしたい」と目を輝かせて語っていた。

 本作は、人気作家・中村航が、琵琶湖で開催される「鳥人間コンテスト」をモチーフに描いた同名小説を映画『ヒロイン失格』の英勉監督が映画化。流されるまま人生を生きてきた主人公のゆきな(土屋)が、大学入学早々出会った圭先輩(高杉)に誘われるがままに「人力飛行サークル」に入部したことによって起こる騒動をおもしろおかしく描く。(磯部正和)

映画『トリガール!』は9月1日より全国公開

あなたにおすすめ