目の錯覚を応用! 視覚マジックで美眉デカ目アイメイク

画像
錯視と呼ばれる目の錯覚をメイクに応用すると、顔の見え方を自由に操ることがでコンプレックス解消にも役立ちます!視覚マジックを応用した、眉&デカ目アイメイクのやり方を紹介します。

【視覚マジック1】目と眉のラインの黄金バランス

視覚マジックメイクは眉にも応用可能。均整の取れた美人に見せるには、3つのバランスがあります。卵型の顔型に近づけるために、自分に合う形の眉を描くときもこのバランスを意識するようにしましょう。

1. 目頭と眉頭を揃える

2. 眉山と目尻を揃える

3. 眉頭と目尻の高さを揃える

では、眉毛のNG例をみてみましょう。

画像
あなたは眉のバランス、大丈夫?

左は目頭よりも眉頭が内側に入っています。そうすると少し神経質な印象に。逆に右は、眉頭が外側に離れていますね。少し間の抜けた印象になってしまうので、目頭と眉頭を揃えるように描きましょう。普段何気なく描いている眉も、黄金バランスを意識するだけで理想の顔立ちに近づけるので、早速トライ!

【視覚マジック2】眉の太さ・長さとデカ目の関係

マジック1では、理想的な眉の形と長さについてお話しました。実は眉が変わると、目の大きさも一緒に変わって見えるんです。ポイントは、眉の太さ・角度・目と眉の距離の3つ。デカ目に見せる、ゴールデン眉をチェックしてみましょう。

眉の長さによる目の大きさの変化

画像
左が正解バランス

どちらの円(目)が大きく見えますか? 左の短い眉のほうが、円(目)が大きく見えますよね。まったく同じ円でも、円を囲う山(眉)の線の長さによって大きさが違って見えてきます。

眉の太さによる目の大きさの変化

画像
左が正解バランス

次に眉の太さによる違いを見ていきましょう。線(眉)が太く濃くなると、円(目)がぱっちりと印象づいて見えますね。

実際の眉と目で見比べてみると…


画像
同じ大きさの目とは思えない違い!

目の大きさやアイラインなどは全く同じなのに、左の太くて短く、濃い眉だと目ヂカラが強調されているのが分かると思います。逆に細くて長く、薄い眉だと目元がややさみしい印象に。デカ目を狙うなら、眉は太く・短く・濃くが基本です!

(文:新見 千晶)

あなたにおすすめ