35歳一人暮らし、貯蓄1500万円。老後に漠然とした不安

画像35歳一人暮らし、貯蓄1500万円。老後に漠然とした不安

老後のためにもっと貯蓄ペースを上げるべきでしょうか?

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、老後が漠然と不安だという30代独身の会社員女性。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。

■相談者

なぎさん(仮名)

女性/会社員/35歳

東京都/賃貸住宅

■家族構成

一人暮らし

■相談内容

一人暮しで、老後に対する漠然とした不安かあります。贅沢はしていませんが、貯蓄のペースをもっとあげた方が良いのかこのままで良いのか指針をいただきたく思います。今の勤務先でベースアップは大きくは望めません。

■家計収支データ

画像「なぎ」さんの家計収支データ

■家計収支データ補足

(1)ボーナスの使いみち

レジャー25万円、貯蓄75万円

(2)定年について

定年は60歳まで、延長制度あり。本人は、できれば正社員として今の職場で60歳まで働いて、その後パートで働く予定。仕事の料は減らしていくが、65歳以降も体が健康な限り働くことを希望。

(3)保険料の内訳

・本人/医療保険(終身タイプ終身払い、入院5000円、他に手術給付金)=保険料1425円

・本人/がん保険(終身タイプ終身払い、入院1万円、診断給付金100万円、先進医療特約)=保険料2,960円

それ以外に、終身保険に銀行に勧められて加入。保険料973,400円は払込済で、60歳で解約すると、払戻金が134%の1,302,530円になるというもの。

(4)実家について

実家に戻る可能性はあり。とは言え、両親も賃貸住まい。しかし、同居した方がむしろ良いかもしれないと考えている。ちなみに現在も近所に住んでいる。

■FP深野康彦からの3つのアドバイス

アドバイス1 今の貯蓄ペースを維持できれば問題なし

アドバイス2 老後資金づくりなら財形年金貯蓄に

アドバイス3 ご両親との同居は家計的に大きなプラス

アドバイス1 今の貯蓄ペースを維持できれば問題なし

まずは今の貯蓄ペースですが、月5万5000円(うち1万円は積立投信)。加えてボーナスで75万円ですから、年間141万円。これを25年間継続すれば、貯められる資金は3525万円(投資は変動がないと仮定)となります。これに現在の貯蓄と投資額の合計1500万円を加えれば、退職金を考慮しなくても5000万円用意できる計算になります。

また、相談者のなぎさんは、65歳までは働きたいということですから、収入が下がり、その間は貯蓄できないとしても、毎月の支出額が少ない生活が実践できているため、公的年金が支給されるまでの5年間、この5000万円をさほど取り崩さなくても済むと考えられます。

65歳からは厚生年金に加入していますので、額は不明ですが、仮に毎月生活費が10万円不足したとしても、用意した老後資金で40年以上カバーできます。結果として、老後資金については過度に不安になる必要はないということが言えるでしょう。貯蓄ペースをもっと上げても構わないですが、現状を維持できれば、それで問題ありません。

そもそも家計に無駄はなく、35歳でこれだけ貯めている。その点で今後も心配はいらないでしょう。

アドバイス2 老後資金づくりなら財形年金貯蓄に

貯蓄についてですが、一般財形貯蓄をされています。老後資金づくりに限定するならば、今後は年金財形貯蓄の積立に切り替えてもいいのではないでしょうか。引き出しは60歳以降となりますが、なぎさんのように資金的に余裕があれば、困ることはないはず。利率は決して高いとは言えませんが、一般財形にはない、預入額と利息の合計で550万円まで非課税(貯蓄型の場合)というメリットが活用できます。

また、投資については、投資信託を毎月2本、積み立てで買っていますが、国内と先進国のインデックスということでバランスは取れていると思います。ただし、外貨が豪ドルとNZドルに偏っているのがやや気になるところ。金利の高さからでしょうが、リスクヘッジをするなら、米ドルも加えては。

また、投資の大半を個人向け国債となっています。債券でもう少しリターンを狙うなら、一部を社債を変えてもいいでしょう。また、個人向け国債を投資とするなら(安全性が高いため貯蓄に近い)、貯蓄と投資の配分は現在1対2。できれば1対1まで、投資を引き下げたいところです。

さらに、老後資金づくりが目的なら、投資に充てている資金を確定拠出年金に回すという選択肢もあります。税制の優遇が大きいので、それだけでもメリットは十分。もし勤務先でその制度を採り入れていないなら、個人型でもいいので始めてみてもいいでしょう。

アドバイス3 ご両親との同居は家計的に大きなプラス

なるほどと思ったのは、ご両親との同居。お互い賃貸住宅であれば、いっしょに住むことで、家賃が抑えられる、あるいはもっと条件のいい場所に引っ越せるといったメリットがあります。生活費もいろいろシェアすることで、別々に住むよりは生活費を抑えられるはず。ぜひ試してみてください。

最後に保険について。

医療保険とがん保険に加入されていますが、これだけ貯蓄があれば、あえて保険に頼らなくても、たとえばある程度の入院なら、かかる医療費は貯蓄と健康保険の高額療養費制度で十分カバーできます。したがって、解約してもいいのではないでしょうか。ただし、がん家系であったり、個人的に心配であれば、がん保険は残してもいいかもしれません。

銀行に勧められた終身保険については、すでに一括で保険料を納めたのですから、老後資金として割り切ればいいでしょう。

相談者「なぎ」さんから寄せられた感想

深野康彦先生にアドバイスを頂けて、大変感激しております。今回、現状維持でいけば心配はいらないという言葉に自信を頂きました。年金財形、確定拠出型年金など耳にしたことはありましたが、改めて調べてみようと思いました。年金受給は先の事だと考えていましたが、今からでもできるんですよね。盲点でした。また投資についても、米ドルの組み入れは少しずつ始めようと思います。

保険につきましても長い目で見れば、大きなコストになる、解約するという選択肢にも目からウロコでした。お金の事は、なかなか話しづらく、不安を抱えておりましたが、専門家の方からアドバイスを頂き、現実的に建設的に捉えていこうと思います。このような機会をいただけた事に感謝致します。どうもありがとうございました。

教えてくれたのは……

深野 康彦さん

業界歴26年目のベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。

取材・文/清水京武

(文:あるじゃん 編集部)

あなたにおすすめ