国連、就業人口1割が極度の貧困

開発目標の報告書発表

 【ニューヨーク共同】国連は17日、貧困や飢餓などの撲滅を目指す2030年までの「持続可能な開発目標(SDGs)」の現状をまとめた報告書を発表した。16年時点で、家族と同居する就業人口の約1割が1日1.9ドル(約210円)未満で暮らす「極度の貧困層」になっていると指摘し、取り組みの加速が必要だと訴えた。

 ニューヨークの国連本部で17~19日に開かれるSDGs達成に向けた閣僚級会合に合わせて公表した。岸田文雄外相も出席し、17日午後(日本時間18日未明)に日本の実施状況を紹介する。

 報告書によると、アフリカのサハラ砂漠以南(サブサハラ)の貧困が深刻。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。