台湾、日本牛肉輸入解禁へ

16年ぶり、条件付き

 【台北共同】台湾で食品の安全管理を担当する衛生福利部は17日、日本での牛海綿状脳症(BSE)感染牛の確認を受けて2001年から禁止している日本産牛肉の輸入を条件付きで解禁する方針を発表した。意見公募を実施し、早ければ10月に解禁される。実現すれば16年ぶり。

 オランダ、スウェーデン産牛肉も解禁の対象で、輸入再開にあたって日本産は生後30カ月以下などの条件が付けられた。

 台湾社会は食品の安全問題に敏感。台湾政府は昨年11月、東京電力福島第1原発事故以降続けている福島など5県産食品の輸入規制の緩和を検討したが、野党や世論の反発を受けて白紙撤回した経緯がある。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。