旧村上ファンド系、完全復活へ…東芝・ヤマダ電機・リコーの筆頭株主に

画像
「Thinkstock」より

 6月に開催された株主総会の特徴は、株主提案が前年より45件多い212件になったことだ。株主提案を受けた企業数も3社多い40社と過去最多になった(三菱UFJ信託銀行調べ)。注目されたのは、物言う株主による株主提案だった。村上世彰氏が率いた投資ファンド・旧村上ファンドの流れを汲む、物言う株主が存在感を高めた。

●村上氏の長女・野村殉氏とレノの連合が黒田電気に勝利

 電子部品商社、黒田電気の株主総会が6月29日に開催され、旧村上ファンド系の投資会社レノが提出した社外取締役を選任する提案が賛成多数で可決された。物言う株主の提案が可決されたのは、2009年にアデランスホールディングス(現アデランス)の総会で米スティール・パートナーズが推す取締役選任案が可決されて以来、8年ぶりとなる。

 黒田電気が総会後に開示した臨時報告書によると、レノの株主提案の賛成率は58.64%だった。村上氏の長女で投資家の野村殉氏が黒田電気の筆頭株主だが、レノは野村氏との共同保有分を含めて議決権ベースで37%を持っている。つまり、個人株主など少なくない株主がレノの提案に賛成したことになる。

 レノ側はシャープ向け取引の減少で苦戦する黒田電気に対して、他社との経営統合や自社株買いによる株主への利益還元の拡充を訴え、その推進役として安延申氏の社外取締役への選任を求めた。安延氏は村上氏の元上司の元通産官僚で、一橋大学大学院客員教授を務めている。

 レノは15年6月の株主総会で、村上氏ら4人の社外取締役の選任提案を出したが、この時は否決された。今回は、安延氏1人に絞り込み、レノ以外の株主に受け入れられやすくした。

 黒田電気は総会前の取締役会で、レノ側の提案に反対を表明していた。米議決権行使会社インスティテューショナル・ シェアホルダー・サービシーズ(ISS)は、株主提案に賛成を推奨していた。だがISSと同業の米グラスルイスは反対を推奨するなど、見解が真っ二つに割れた。

 黒田電気の総会の焦点は、株主提案が可決されるかどうかだった。結果はレノ側の勝利。6人の取締役選任の議案は、細川浩一社長の賛成率は54.54%と、かろうじて過半数を上回った。ほかの取締役の賛成率も1人を除いて54~56%と低く、経営陣に厳しいものとなった。

 レノ側が主張している他社との経営統合をめぐり、今後、会社側と安延氏が真っ向から対立することになる。

 村上氏側が持っているカードは2枚ある。村上氏が2年前に大株主で、現在は野村氏がトップに座っているC&Iホールディングスが筆頭株主(9.4%保有)の独立系エレクトロニクス商社のエクセルと、同じくC&Iが筆頭株主(9.6%保有)で、野村氏が第2位の株主(9.5%)の三信電気だ。三信電気のルーツはNEC系で、今はルネサスエレクトロニクスの半導体製品を主に扱っている。

 黒田+エクセル+三信電気が形成されれば、半導体商社の再編は本番を迎えることになる。

●エフィッシモはリコーの取締役賞与議案に反対

 国内海運第3位の川崎汽船の株主総会(6月23日)は、村上英三社長兼CEO(最高経営責任者)が取締役として再任されるかどうかに視線が注がれていた。昨年の総会では、ほかの取締役の選任議案への賛成率が90%を超えるなか、村上氏だけが58.88%と際立って低かった。筆頭株主の投資ファンド、エフィッシモ・キャピタル・マネージメントなどが反対票を投じた結果だ。

 エフィッシモは旧村上ファンドの幹部が2006年にシンガポールで設立した。川崎汽船の昨年3月末のエフィッシモの保有分は29.71%だったが、その後に買い増しており、今年4月6日時点で38.41%を手にしていた。昨年と同様、村上社長に「ノー」を突きつけるのではないかとみられていた。

 ところが、川崎汽船が総会後に提出した臨時報告書によると、村上社長の賛成票は97.29%と、実に高い数字で再任された。舞台裏で妥協が成立したのか、エフィッシモが今回は賛成に回った。

 リコーが6月16日の株主総会で決議した取締役賞与の賛成率が51.94%にとどまったことが、リコーの提出した臨時報告書から明らかになった。12.14%を保有する筆頭株主のエフィッシモらが反対票を投じた。

 同議案は17年3月期に在任した社外を除く取締役7人に対して、取締役賞与として総額3800万円を支給するというもの。エフッシモは、「支給額が業績に見合わない」と判断した場合には、賛成しないとの議決権の行使基準を持っており、「業績悪化のリコーが、なぜ役員賞与を出すのか」として、反対票を投じた。からくも可決したとはいえ、経営陣は煮え湯を飲まされた気分だったろう。

 エフィッシモは6月28日に開催された日産車体の株主総会で、増配の株主提案を行った。日産車体の17年3月期の年間配当は、1株当たり11.0円。これを43.5円に引き上げることを求めた。エフィッシモは日産車体の株式の19.69%を保有する。日産車体の親会社は日産自動車だ。エフィッシモの増配提案は25.0%の賛成を得た。

 エフィッシモ自体の株主提案は日産車体1社だけだったが、筆頭株主として登場している川崎汽船やリコーのほか、東芝(9.81%)ヤマダ電機(15.14%)第一生命ホールディングス(9.03%)でも筆頭株主だ。各社とも、来年は自社でもエフィッシモから株主提案があるかもしれないと、内心はおだやかではないだろう。

●ストラテジックキャピタルは4社で株主提案

 旧村上ファンドの幹部が2012年に設立した投資ファンド、ストラテジックキャピタルは、かつての村上ファンドを彷彿とさせる一匹狼的な存在だ。旧村上ファンドの手法だった株式提案を積極的に行い、17年3月期決算全社では4社で増配などの提案をした。

 6月16日開催の蝶理の株主総会では、政策保有株を売却せよとの株主提案の支持率は12.32%、剰余金の処分は16.81%の賛成にとどまった。

 6月23日開催の新日本空調の株主総会では、政策保有株の売却は88.79%の反対、剰余金の処分は89.90%の反対で、あっさり否決。

 6月29日開催の帝国電機製作所の株主総会では、剰余金の処分は26.88%の賛成はあったが否決。

 6月29日開催の図書印刷の株主総会では、剰余金処分案が85.63%の反対で否決された。

 ストラテジックの戦績はかんばしいものではなかった。
(文=編集部)

あなたにおすすめ