ベネズエラ=非公式の国民投票に700万人=98%が制憲議会に反対表明

 ベネズエラで16日、ニコラス・マドゥーロ大統領が公示した憲法改正のための制憲議会設置の賛否を問う国民投票が行われ、700万人余が投票に参加。98・4%が制憲議会設置に反対の票を投じたと17日付ブラジル国内紙、同サイトが報じた。
 7月30日の制憲政議会議員選挙を2週間後に控えた国民投票は2週間前に議会が提案。体制派の選挙委員会が認可していない非公式なものだが、80超の国も含む約2千カ所の投票所には、718万6170人(国内649万2381人、国外69万3789人)が列をなした。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. 会員登録はお済みですか? 会員について

あなたにおすすめ