<あのころ>新公害、光化学スモッグ

高校生被害がきっかけ

1970(昭和45)年7月18日、東京都杉並区の高校で目の痛みや吐き気を訴え倒れる生徒が続出、グラウンドが立ち入り禁止となった。工場や車から排出される窒素酸化物などが太陽の紫外線と反応し、有害物質オキシダントが発生する新しい公害「光化学スモッグ」と日本で初めて判断された。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。