「追い込まれたらノーステップ」 ロッテ加藤が角中手本に初逆転サヨナラ打

ロッテの加藤翔平外野手が17日の本拠地オリックス戦で、1-2で迎えた9回2死満塁で人生初の逆転サヨナラ打を放ち、球宴明け後半戦を最高の形でスタートした。

画像
ロッテ・加藤翔平【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

家族の前で値千金のサヨナラ打、「食らいついて打ってやろうと思っていた」

 ロッテの加藤翔平外野手が17日の本拠地オリックス戦で、1-2で迎えた9回2死満塁で人生初の逆転サヨナラ打を放ち、球宴明け後半戦を最高の形でスタートした。

 1-1と同点の9回に守護神の内が大城にプロ1号の勝ち越しアーチを浴びた。しかしその裏、1死からペーニャがオリックスの守護神平野から中越二塁打。中村の右飛で2死となったが、代打・福浦が通算1948安打目となる遊撃内野安打で執念の出塁。大嶺翔が歩いて満塁のチャンスが巡ってきた。

 この場面で打席に立った加藤は「7回(2死二塁で代打)井口さんは歩かされることはわかっていた。あそこで打てなくて(左邪飛)、滅茶苦茶悔しくて、何としても食らいついて打ってやろうと思っていた」。

 初球のフォークを空振り。2球目の完全なボール球のフォークも空振りで「これは三振かなと思っていた」と伊東監督も目をつぶった。しかし加藤自身には追い込まれても不思議な自信があったという。

角中を手本に、「追い込まれたらノーステップ」

 ファームに落ちている間に、故障で2軍調整中だった角中を最高の手本にしていた。「追い込まれたらノーステップ。角中さんという最高のお手本がいる。打ち方を見て学んだ」。確かに追い込まれた場面では両足を大きく開き、重心を低くしたノーステップ打法で、まるで角中を見ているようだった。

 3球目、外角150キロのストレートを見送り、4球目のボールになるフォークも冷静に見送って平行カウントまで戻した。そして平野の5球目のストレートを左越えに運んだ。チームを3-2のサヨナラ勝利に導く逆転2点二塁打。追い込まれてもノーステップ打法にすることで、三振しない技術を昨年の首位打者から盗んでいた。

 サヨナラアーチはプロ2年目の2014年5月20日のヤクルト戦以来だが、当時は6-6の同点で迎えた延長10回裏2死一、二塁の場面だった。「アマチュア時代を含めて、逆転サヨナラは初めて」。この日は両親、夫人が観戦する前での快挙だった。

 女性の入場者には特製Tシャツが配られる「スーパーレディースデー」で、お立ち台ではファンの少女から特別インタビューを受けた。「好きな女性のタイプは?」との質問には「見にきてくれている奥さんです」。昨年3月に結婚した夫人に感謝の言葉で喝采を浴びた。(細野能功 / Yoshinori Hosono)

あなたにおすすめ