イノベ構想担う地元企業紹介 ガイドブックでビジネス拡大目指す

画像

 東京電力福島第1原発事故で避難指示が出た12市町村の事業者を支援している福島相双復興官民合同チームは18日、福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想を担う地元ロボット関連企業のガイドブックを発刊する。地元67社の技術や製品を紹介し、構想への参入を図る。

 各社の保有技術や事業領域、取引先の基本情報、今後取り組みたい事業分野などを詳細に紹介、それぞれの事業所の対応可能な業務や工程を網羅的に見られるよう一覧表で掲載している。

 チームに所属する商社などからの出向者が中心となり、各社の強みをまとめた。

 千部作製し、構想参入を検討する首都圏などの企業に配布。企業間マッチングに活用し、地元企業のビジネス拡大につなげる。

あなたにおすすめ