ディズニーSWエリア19年開業

米カリフォルニア、フロリダ

人気映画「スター・ウォーズ」をテーマにした新エリアの完成予想モデル(ウォルト・ディズニー提供、共同)

 【ニューヨーク共同】米娯楽大手ウォルト・ディズニーは17日までに、西部カリフォルニア州のディズニーランドと、南部フロリダ州のディズニーワールドに新設すると表明していた人気SF映画「スター・ウォーズ」(SW)をテーマにしたエリアの開業が、それぞれ2019年になると発表した。

 新エリアの名称は「スター・ウォーズ ギャラクシーズエッジ」で、広さは約5.7ヘクタール。新エリアでは、宇宙船ミレニアム・ファルコン号に搭乗するような体験を楽しめるアトラクションなどを設ける。映画に登場する人気キャラクターにも会えるようにするという。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。