新「福島丸」デザイン決定 福島の復興願い「F」マーク

画像

 福島県教委は17日までに、老朽化に伴い新調するいわき海星高の練習船「福島丸」の概要について定例委員会で説明した。定員はこれまでより4人多い80人で、今月28日に進水式、11月20日に落成式を行う予定。

 新福島丸は6代目で、総トン数655トン、全長約63.8メートル、幅約10メートル。

 生徒の要望を受け、青、白、赤の色彩をベースにした現在の福島丸(5代目)を受け継ぐデザインとなる。船体側面にスクールカラーの青いラインを引き、海と水平線をイメージ。福島の復興への願いや、「未来(Fut ure)」「前へ(Forward)」の言葉にちなみ「F」のマークを中央に置いた。

あなたにおすすめ