米、外国製品ネット販売に矛先 「略奪的」とトランプ大統領 ほか

11時トップ5ニュース

1. 米、外国製品ネット販売に矛先 「略奪的」とトランプ大統領

画像
 ホワイトハウスの米国製品を展示した会場で、カウボーイハットをかぶるトランプ米大統領=17日(UPI=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米政権は17日からの1週間を「メード・イン・アメリカ(米国製品)週間」と位置付け、国民に自国製品の購入を呼び掛けた。ホワイトハウスで17日に演説したトランプ大統領は「外国製品の略奪的なネット販売が店舗を閉鎖に追い込んでいる。厳しく取り締まる」と述べ、批判の矛先を無店舗販売に向けた。

 トランプ氏は全米50州の代表的な米国製品を展示した会場でメーカーの従業員らを前に演説し、「米国の産業を台無しにする相手国の不公正な貿易慣行と闘わなければならない」と改めて決意表明した。

2. “現役医師”日野原重明さん死去 105歳、聖路加国際名誉院長

画像
 死去した日野原重明さん

 生活習慣病の予防や終末期医療の充実などに取り組み、100歳を超えても医師として活躍した東京・聖路加国際病院の名誉院長で、文化勲章受章者の日野原重明(ひのはら・しげあき)さんが18日午前6時33分、呼吸不全のため死去した。105歳。山口市出身。

 少年期を神戸で過ごし、京都帝大(現京都大)を卒業。1941年から聖路加国際病院に勤めた。早くから予防医学に取り組み、54年には同病院が人間ドックを先駆的に開設するのに携わった。健康教育を推進し「生活習慣病」の呼称を提案した。

 01年に90歳で刊行したエッセー集「生きかた上手」がベストセラーになった。

3. 貧困撲滅へ10億ドル支援 岸田氏、国連閣僚級会合で表明

画像
 国連の閣僚級会合で演説する岸田外相=17日、ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク共同】岸田文雄外相は17日午後(日本時間18日未明)、貧困・飢餓の撲滅を目指す「持続可能な開発目標(SDGs)」達成に向けた国連の閣僚級会合で演説した。途上国の次世代育成を重視し、教育、保健、防災などの分野を中心に2017、18年度で総額10億ドル(約1100億円)規模の支援を実施すると表明した。

 冒頭「日本は全ての方々が能力を最大限発揮し、活躍できる多様性と包摂性のある社会をつくり出す」と強調。北九州市が進める水道技術による途上国支援などの例を挙げ「英知と技術を結集した取り組みを通じ、誰ひとり取り残さない世界の実現に貢献する」と訴えた。

4. ディズニーSWエリア19年開業 米カリフォルニア、フロリダ

画像
 人気映画「スター・ウォーズ」をテーマにした新エリアの完成予想モデル(ウォルト・ディズニー提供、共同)

 【ニューヨーク共同】米娯楽大手ウォルト・ディズニーは17日までに、西部カリフォルニア州のディズニーランドと、南部フロリダ州のディズニーワールドに新設すると表明していた人気SF映画「スター・ウォーズ」(SW)をテーマにしたエリアの開業が、それぞれ2019年になると発表した。

 新エリアの名称は「スター・ウォーズ ギャラクシーズエッジ」で、広さは約5.7ヘクタール。新エリアでは、宇宙船ミレニアム・ファルコン号に搭乗するような体験を楽しめるアトラクションなどを設ける。映画に登場する人気キャラクターにも会えるようにするという。

5. 英とEU、離脱交渉を再開 清算金や権利保護協議

画像
 17日、ブリュッセルの欧州連合(EU)本部で、英交渉チームを率いるデービス離脱担当相(左)を迎えるEUのバルニエ首席交渉官(AP=共同)

 【ブリュッセル共同】英国と欧州連合(EU)は17日、英国のEU離脱を巡る交渉を再開した。6月の初会合で両者が交渉の第1段階で話し合うことで合意した英国の未払い分担金などの清算や、在英EU市民らの権利保護など重要論点を初めて本格協議する。今回の会合は20日までの予定。

 英側は最大1千億ユーロ(約13兆円)ともされる清算要求に反発していたが、英メディアによると、EU離脱省高官が英議会に宛てた文書で清算義務に言及。英公式文書で清算義務が明示されたのは初めて。金額は示されていないが、EU側は交渉決裂を避ける上で重要な進展だとみている。

あなたにおすすめ