掛け声勇壮に3基の神輿練る 京都・祇園祭神幸祭

©株式会社京都新聞社

八坂神社出発前に勢ぞろいした3基の神輿(17日午後6時20分、京都市東山区)

 祇園祭の神幸祭が17日夜、行われた。3基の神輿(みこし)が京都市東山区の八坂神社を出発し、市中心部を練り歩いた。「ホイット、ホイット」という担ぎ手の勇ましい掛け声と、飾り金具の触れ合う音が、京の街にこだました。

 激しい夕立が上がった午後6時すぎ、八坂神社前に中御座、東御座、西御座の3基が勢ぞろいし、神職のおはらいを受けた。その後、神輿を高く掲げる「差し上げ」を行うと熱気が一段と増した。

 3基は順次出発し、三条大橋や寺町通などを進み17日深夜までに四条御旅所(下京区四条通寺町東入ル)に到着した。

 沿道では市民が神輿の通過を待ち受け、掛け声に合わせて手拍子を取るなどして出迎えていた。3基は24日の還幸祭で八坂神社に戻る。

あなたにおすすめ