出光の増資、認める決定

創業家が即時抗告

©一般社団法人共同通信社

 出光興産が進めている公募増資を巡り、同社の創業家が差し止めを求めた仮処分申し立てに対し、東京地裁(大竹昭彦裁判長)は18日、却下する決定をした。創業家側は決定を不服として即時抗告した。出光が増資をすれば、昭和シェル石油との合併計画に反対する創業家の持ち株比率が低下し、創業家が合併計画を中止させるのが難しくなるとみられ、計画が前進する可能性がある。

 出光昭介名誉会長らは、株主総会で合併議案を拒否できる発行済み株式総数の3分の1超を握る大株主。出光は増資に関し「財務強化が目的」と説明したが、創業家は「議決権比率を下げようとしているのは明らか」と主張していた。

あなたにおすすめ