富士急コースターが営業再開

安全確認、2日ぶり

©一般社団法人共同通信社

行財政専門情報サービス

全国の新聞社43社と共同通信社が提供する行財政ニュースサービスです。中央省庁や多くの自治体でご利用いただいています。

詳細はこちら

 山梨県富士吉田市の「富士急ハイランド」は、16日にタイヤがパンクしたトラブルで休止したジェットコースター「ド・ドドンパ」の安全が確認できたとして、18日午前10時半から営業を再開したと発表した。

 同社によると、タイヤのチューブがホイールに挟まって破れ、パンクしたとみられる。試運転を重ねて対策を講じたとしている。

 ド・ドドンパは「最も速く加速するコースター」として、ギネス世界記録に認定されていたドドンパを改装した新型。15日に営業開始したが、16日午後、パンクが原因で失速してループの途中で止まり逆走した。定員8人で男女7人が乗っていたが、けがはなかった。

あなたにおすすめ