深海魚、サメの歯にびっくり 沖縄県立博物館で企画展

画像

 巨大なザトウクジラの全身骨格標本や珍しい深海魚などを展示する「水族館でも出会えない海のビックリ」展(沖縄美ら島財団主催)が18日午前、那覇市おもろまちの県立博物館・美術館で開幕した。8月27日まで。関係者によるテープカットが行われた。

 沖縄美ら島財団の花城良廣理事長は「(同財団では)いろんな海の生き物の生態の調査や研究に挑戦し、科学技術の進歩にもつながっている。展示を見て体感してほしい」と来場を呼び掛けた。

 親子で訪れた三浦志文さん(37)、息子の銀剛ちゃん(4)はホオジロザメの実物の歯を触った。銀剛ちゃんは「ギザギザしていた。面白かった」と楽しそうに話した。

 同館の開館時間は午前9時から午後6時。問い合わせは県立博物館・美術館?098(941)8200。【琉球新報電子版】

あなたにおすすめ