核ごみ地図、月内にも公表

経産相、最終処分の候補地

核ごみ地図の公表について、記者会見する世耕経産相=18日午前、経産省

 世耕弘成経済産業相は18日の閣議後の記者会見で、原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)を巡り、地下深くに埋める最終処分の候補地となる可能性のある地域を、7月中にも日本地図を塗り分けて公表すると明らかにした。

 世耕氏は地図の公表について「最終処分実現に向けた長い道のりの最初の一歩だ」と説明。「(地質などの)全国的な状況を科学的、客観的に示したもので、自治体に処分場の受け入れ判断を求めるものではない」と述べた。

 地図は「科学的特性マップ」の名称で、最終処分に適している地質環境かどうかを基準に日本全国を4色に塗り分ける。

Follow

共同通信

on

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。