公船航行、中国側から事前情報

記者会見で菅官房長官

©一般社団法人共同通信社

 菅義偉官房長官は18日の記者会見で、青森県沖などの領海を中国海警局の船が航行したことについて「対馬海峡と津軽海峡を抜け、太平洋に向けて航行するとの情報提供を中国側から事前に受けた」と明らかにした。

 中国公船の航行目的に関しては「コメントは控えたい」とした。沿岸国の安全に影響を与えない「無害通航」に当たるかどうかは「該当しないと認められる行為があったとの情報は得られていない」と説明した。

 一方、稲田朋美防衛相は会見で、中国公船の航行について「警戒監視活動で得られた情報を海上保安庁と共有し、連携強化を図っている。今後も適切に対応する」と強調した。

あなたにおすすめ