韓国のマクドナルドで米国人が見つけた、韓国人のすてきな一面=韓国ネット「日本から渡ってきた文化では?」「韓国人であることが誇らしくなった」

画像

2017年7月14日、韓国在住の米国人がインターネットで公開した「韓国人をすてきだと思う三つの理由」と題した動画が話題になっている。韓国・YTNがその様子を伝えた。

米国出身の「オリバー先生」が「米国人よりも優れていると」して理由の一つに挙げたのは、韓国人の「理解する心」だ。オリバー先生は、それを表す例として「韓国マクドナルドでの経験」を紹介した。

数カ月前にマクドナルドを訪れたところ、外国人客が店員に対し非常に複雑な英語で注文しているのを目撃し、「ここは韓国なのに、なぜこんなに複雑な英語で注文するのか?マナーがなってない」と感じたそうだ。しかし店員の反応はオリバー先生には意外なもので、「少々お待ちください」と答えて同僚に助けを求めるなど、理解しようと懸命に努力していたという。

オリバー先生は「米国でこういうことが起きていたら、完全に(対応が)違っていたはずだ」と指摘、「米国で英語ができないお客さんが注文したら、店員が『申し訳ありませんが、何を言っているのか分かりません。はい、次のお客様』と言うか、『ここは米国なんだから英語で話してください』と言うだろう」と説明した。

さらにオリバー先生は「これは個人的な意見だが、韓国人は外国人に対して(英語で)そこまで努力しなくてもいいと思う。そうしないと客の方にも悪い癖がついてしまう」とアドバイスした。

これ以外にも、動画では「市民意識」と「正直さ」が韓国人の長所として挙げられている。

この指摘に対し、韓国のネットユーザーからは「韓国はサービス過剰」「日本から渡ってきた文化なのでは?」と過度なサービス精神を認める声や、韓国人に英語で助けを求めがちな外国人観光客に対し「韓国語を使えとは言わないけど、少し意識を変えてほしいな」と願う声など、3000件近くのコメントが寄せられている。

また、「悪い面ばかり浮き彫りにして生活していた気がする」「オリバー先生の観察力や分析力、想像力、共感能力は素晴らしい」「オリバー先生の話を聞いて、韓国人であることが誇らしくなった」とオリバー先生への称賛コメントが多い中、「オリバー先生が味わった韓国人の親切の大部分は、彼が白人男性だからだと思う」と指摘する声も上がった。

さらに、「韓国は昔に比べて人々の意識も改善されてきている。時がたてば若い世代が中心になって世代交代が行われ、もっとも住みやすい韓国になるんじゃないかな」というポジティブな意見がみられる一方で、「韓国も自己主義意識が強まってきて、だんだんとお互いを信じなくなってきている」というネガティブコメントもあった。(翻訳・編集/松村)

あなたにおすすめ