東海と関東のCC若手経営者、初の合同会議

自動化テーマに

©株式会社鉄鋼新聞社

 東海コイルセンター工業会の若手経営者などで組織する柊会(代表幹事・長谷川慶太柏商工社長)は、関東コイルセンター工業会の若手有志との初の合同会議を13日に東京で開催し、計13人が参加した。

 工場見学では、自動化が進んだ根津鋼材・浦安事業所の操業の現状を見て活発に議論したほか、場所を鉄鋼会館に移して討論を実施。参加各社の自動化設備の現状や導入検討中の自動化設備、自動化のメリット・デメリットなどについて、白熱した議論を交わした。

 長谷川代表幹事は「自動化は、ある意味プロセスの省略。価値は本来、人や工程を省くのではなく、技術や興味を持って生まれる。ロボットが増えても、仕事への興味に満ちた人の比率だけは高くなってほしい」とした。

あなたにおすすめ