移籍金280億円? あるいはヴェッラッティ+150億円? パリSGがネイマール獲りに本気!

©株式会社日本スポーツ企画出版社

 昨年、バルセロナとの契約を2021年まで延長したブラジルの至宝、ネイマール。違約金は経年で増加し、今シーズンは2億2200万ユーロ(約284億円)、来シーズン以降は2億5千万ユーロ(約320億円)に設定されている。

 もはやどんなクラブにも、契約期間中にネイマールをバルサから引き抜くのは不可能かと思われていたが、このたび、フランスのパリ・サンジェルマンが、このアンタッチャブルなスーパースターの獲得に乗り出そうとしているという。
 
 スペインの『AS』によると、これまでにも幾度かネイマール獲りを試みてきた同クラブは、設定されている違約金2億2200万ユーロを満額支払うつもりがある他、もうひとつのオプションとしてマルコ・ヴェッラッテ+1億2200万ユーロ(約156億円)というトレードも用意しているという。
 
 ヴェッラッティといえば、バルセロナが中盤強化のためにこのイタリア代表MFの獲得を熱望し、1億ユーロを提示したといわれているが、パリSGが拒否し続け、先日、残留が決まったばかりである。
 
 AS紙は、今週末にネイマールの代理人である父親がパリに赴き、移籍の可能性などについてパリSGと話し合うことになると報じた。
 
 こうした動きから、少しずつ移籍が現実味を帯びてきたと見る向きもあるが、バルサの広報ジョゼップ・ビベスは「何も心配していない」と語っている。(『ESPN』より)
 
「ネイマールはバルサで幸せな日々を送っており、我々も彼といられて幸せだ。本人がそう言っているし、それを態度でも示している。我々はリラックスしており、互いにバルサの新シーズンをより良いものにすることだけを考えている」
 
「ネイマールの退団など想像すらできない。クラブのシンボルとも言えるこのベストプレーヤーには、いつまでもバルサに居続けてほしいと考えている」
 
 バルサのSDロベルト・フェルナンデスも、ネイマールの移籍の可能性を否定する。
 
「この先、何も起きることはない。我々は、何のオファーを受けていない」
 
 移籍はあり得ないとするバルサだが、『Diario Sport』は、ネイマールがリオネル・メッシに次ぐ「2番手」の存在であることに不快感を覚えているとも報じている。
 
 バルサが設定している違約金額は、昨シーズンにポール・ポグバがユベントスからマンチェスター・ユナイテッドに移籍した際に樹立した移籍金最高額のほぼ2倍にあたる。サプライズが頻繁に起こる近年の移籍マーケットだが、果たして世紀のビッグディール実現するか

あなたにおすすめ