クラシコにマンチェスター・ダービーも! 超豪華なプレシーズン大会が開幕!

©株式会社日本スポーツ企画出版社

 2013年にスタートし、今年で5回目を迎える「2017 インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)」が、現地時間7月18日に開幕する。
 
 今年は、欧州の強豪15クラブがアメリカ、中国、シンガポールの3つのラウンドに分かれ(一部、複数ラウンドに参加するクラブあり)、各ラウンドでチャンピオンを決定する。
 
 すでにシーズン開幕前の風物詩になりつつあるこの大会は、巨額な参加料が得られることもあり、毎年、ビッグクラブが揃うことで知られている。今回もその例に漏れず、監査法人「デロイト」によるクラブ収入ランキングトップ10のうち、リバプールを除く9クラブが参加している。
 
 もちろん、あくまでもプレシーズン大会のため新シーズンへの調整が目的になるが、新チームのスカッド入りを目指す選手たちにとってはアピールの場になるため、局面局面では本番さながらの真剣勝負が見られる。
 
 注目カード目白押しの中でも、とくに見逃せないのは“クラシコ”と“マンチェスター・ダービー”だ。エルネスト・バルベルデ新監督を迎えてニュースタイルを模索中のバルセロナも、クラシコとなれば結果を度外視というわけにはいかない。ヨーロッパチャンピオンとの対戦はバルベルデ・バルサにとって、今後を占う一つの試金石となるかもしれない。
 
 マンチェスター・ダービーは、言い訳のできない2年目を迎えるジョゼップ・グアルディオラとジョゼ・モウリーニョが、新シーズンに向けてどの程度まで理想とするサッカーに近づけられているかにも注目だ。
 
 多くの有力クラブが一堂に会すだけに、期間中にクラブ間同士の移籍交渉なども多々、行われるはず。大会中にどれだけのビッグディールが生まれるのか、フロント力も問われる2週間になりそうだ。
 
 参加クラブと、注目カードは以下の通りだ。
 
◎参加クラブ
レアル・マドリー(アメリカ・ラウンド)
バルセロナ(アメリカ・ラウンド)
バイエルン(中国・ラウンド、シンガポール・ラウンド)
ドルトムント(中国・ラウンド)
チェルシー(シンガポール・ラウンド)
トッテナム(アメリカ・ラウンド)
アーセナル(中国・ラウンド)
マンチェスター・U(アメリカ・ラウンド)
マンチェスター・C(アメリカ・ラウンド)
ユベントス(アメリカ・ラウンド)
ローマ(アメリカ・ラウンド)
ミラン(中国・ラウンド)
インテル(中国・ラウンド、シンガポール・ラウンド)
パリSG(アメリカ・ラウンド)
リヨン(中国・ラウンド)
 
◎注目カード
・マンチェスター・U対マンチェスター・C(アメリカ/7月20日)
・ユベントス対バルセロナ(アメリカ/7月22日)
・バイエルン対ミラン(中国/7月22日)
・レアル・マドリー対マンチェスター・U(アメリカ/7月23日)
・レアル・マドリー対バルセロナ(アメリカ/7月29日)
 
文・ワールドサッカーダイジェスト編集部

あなたにおすすめ