猛烈な雨 福島・只見に避難指示

©株式会社河北新報社

大雨による土砂流出などで通行止めになった国道289号=18日午前8時40分ごろ、福島県南会津町

 福島県では17日深夜から18日午前にかけ、新潟県境に近い只見町など会津地方を中心に大雨となり、只見町は全域に、金山町は一部地区に避難指示を出した。

 福島地方気象台によると、只見では18日午前、1時間に観測史上最大の88.5ミリの猛烈な雨を観測した。降り始めから正午までの総雨量は只見254ミリ、南会津町南郷163.5ミリ、金山127.5ミリなど。

 避難指示の対象は只見町が1866世帯4333人。金山町は5世帯17人で、428世帯884人には「避難準備・高齢者等避難開始」を指示した。只見町では9カ所に104人が、金山町では1カ所に7人がそれぞれ避難。両町では床下浸水の被害が出ている。

 県によると、土砂流出などで只見町の国道252号、同町と南会津町の289号などが通行止め。JR只見線は会津宮下(福島県三島町)-大白川(新潟県魚沼市)間で一時運転を見合わせた。

あなたにおすすめ