AIIBに最高評価の「AAA」、格付け大手フィッチ―中国メディア

画像

大手格付け機関のフィッチ・レーティングスはこのほど公告を発表し、アジアインフラ投資銀行(AIIB)の格付けを「AAA」の最高評価とし、格付け見通しは「安定的」としたことを明らかにした。新華社が伝えた。

AIIBは半年前に米格付け会社ムーディーズから最高評価を取得したのに続き、再び世界3大格付け機関から最高評価を勝ち取ったことになる。

フィッチは公告の中で、「今回の評価はAIIBがすでにもっている固有の優位性および今後期待される固有の優位性に基づいている。AIIBには可視化された資本の基礎があり、これがAIIBの融資活動が予測通り迅速に拡大するのを助けることになる。一連の政策や質の高い管理もリスクを軽減させる」との見方を示した。

AIIBの金庫番セーレン・エールバーグ氏は米紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」の取材に答える中でこうした見方について、「このような見方はAIIBの国際資本市場における地位にとって極めて重要であり、AIIBを世界銀行や国際通貨基金(IMF)と同一レベルにおくものだ」と述べた。

AIIBの資本金は1千億ドル(1ドルは約112.6円)で、このうち払込資本は200億ドル、未払いの資本は800億ドル。2016年1月の開業以来、参加国は増え続け、これまでにインフラ投資プロジェクト16件を認可し、総投資額は25億ドルに迫る。(提供/人民網日本語版・編集KS)

あなたにおすすめ