県立美術館、11月から4カ月休館 維新博に合わせ改修 [佐賀県]

 県は明治維新150年記念で来年3月17日に開幕する「肥前さが幕末維新博覧会」を合わせて、博覧会のメーン会場の佐賀城内エリアにある県立美術館を改修するため、11月6日から来年3月16日まで約4カ月間休館する。

 美術館は1983年に建築。老朽化した外壁やエアコン、収蔵用エレベーターを改修する。美術館は15年7月に佐賀市出身の洋画家、岡田三郎助やゆかりの画家の作品展を開く「岡田ルーム」の拡張など内装の改修はしているが、大規模改修は初めて。工事費は約2億6千万円。隣接する県博物館も空調設備の調整のため、来年2月19日~3月5日まで休館する。

 来年4月以降のホールや画廊の利用予約は、既に受け付けている。県立博物館・美術館総務課=0952(24)3947。

あなたにおすすめ