遊撃から驚愕膝つきダイレクト送球 サヨナラ危機で美技3連発「全部9回??」

©株式会社Creative2

マリナーズのジーン・セグラ内野手が17日(日本時間18日)の敵地アストロズ戦で、サヨナラ負けのピンチを迎えた9回に美技を3連発。延長10回、9-7での勝利に大きく貢献した。ファンからは「なんて男だ」と驚きの声があがっている。

マリナーズのジーン・セグラ【写真:Getty Images】

9回ピンチですべて美技で3アウト、チームは直後の延長10回に2発で勝利

 マリナーズのジーン・セグラ内野手が17日(日本時間18日)の敵地アストロズ戦で、サヨナラ負けのピンチを迎えた9回に美技を3連発。延長10回、9-7での勝利に大きく貢献した。ファンからは「なんて男だ」と驚きの声があがっている。

 両チームが8回に1点ずつを取り合い、7-7で迎えた9回だった。マリナーズは6月下旬から中継ぎに回っているガヤードがマウンドに上がったが、先頭レディックにツーベースを浴びる。サヨナラのピンチ。ここから、セグラが美技を連発した。

 まずは、ゴンザレスの三遊間への当たりにダイビング。走者のレディックの足の間を抜ける難しいゴロだったが、見事にストップ。膝をついたままの状態で、三塁ベース側を向いていた体を捻りながら一塁にノーバウンドの送球を送り、アウトに仕留めた。

 グリエルは敬遠四球の後、セグラとブルワーズでチームメートだった青木が打席へ。ショート正面への強いゴロとなったが、グラブに収めると、すぐさま本塁へ正確な送球。三塁走者のレディックをアウトに仕留めた。

 続くマッキャンは敬遠四球で、なおも2死一、二塁のピンチが続く。ここでブレグマンのゴロは再び三遊間へ。セグラはこれに食らいつくと、ジャンプして反転しながら二塁へ送球。3つのアウト全てを美技で奪った。

ファンも驚愕「セグラがボス」 「全部9回?? なんだっっっっっって」

 マリナーズは直後の延長10回にシーガー、バレンシアの本塁打が飛び出し、9-7で勝利。まさにセグラがもたらした勝利となった。

 MLBの公式インスタグラムは、この3つのプレーをまとめた動画を紹介。「パスワードはなかったに違いない。何一つとしてジーン・セグラをかいくぐることは出来なかった」と称賛している。そして、ファンも驚きと喜びの声をあげた。

「素晴らしい試合だね」

「ダイアモンドバックスが彼を残留させていればと、本当に思うよ」

「なんて男だ」

「セグラがボスだ!!!」

「全部9回?? なんだっっっっっって」

「なんてプレーだ」

 ブルワーズでブレークしたセグラは、2016年にダイヤモンドバックスにトレードで移籍。そして、昨年11月にトレードでマリナーズに加入していた。今季ここまで63試合出場で打率.348と、不動の「1番・遊撃」として攻撃面でも存在感を発揮している。(Full-Count編集部)

あなたにおすすめ