民進都連会長が正式辞任

9月の大会で後任選出へ

 民進党東京都連は18日、党本部で常任幹事会を開き、松原仁会長の辞任を正式に了承し、新たな都連会長を9月7日の都連大会で選出することを決めた。それまでの間、長妻昭会長代行が会長の職責を務めるという。

 松原氏は、今月2日投開票の都議選で民進の現有7議席を下回った責任を取り、会長辞任の意向を表明していた。18日の常任幹事会終了後、報道陣の取材に応じ「新しい都連会長には、近い将来における選挙で勝ち抜いていくことを最大の眼目にしてほしい」と述べた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。