巨人の山口俊投手が登板自粛

暴行トラブル疑いで

巨人の山口俊投手

 プロ野球巨人の山口俊投手(30)が18日、予告先発となっていた中日14回戦(ナゴヤドーム)の登板を取りやめた。巨人によると11日に東京都内の病院で扉を壊したり、警備員に負傷させた暴行トラブルの疑いが発覚したため。代わりに高木勇人投手(28)が先発した。

 山口俊投手は東京都内の飲食店で友人と過ごした際に右手を痛め、酒に酔った状態で病院に行ったという。それ以上の詳細は調査中で、巨人は起用を当面自粛する方針。

 山口俊投手は今季、フリーエージェントでDeNAから加入したが、右肩違和感で出遅れていた。6月に移籍後初登板し、4試合で1勝1敗、防御率6.43だった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。