北朝鮮、南北会談対応を慎重検討

逆提案の可能性も

 【北京共同】韓国の文在寅政権が南北会談を提案したことを受け、北朝鮮は対応を慎重に検討しているとみられる。北朝鮮は文政権に対し、経済制裁の解除や米韓合同軍事演習の中止などを求めてきており、これらを会談の条件としたり、会談の議題として逆提案したりする可能性もある。

 北朝鮮は昨年5月、韓国の朴槿恵前政権に軍事的緊張を緩和するための軍事当局会談を提案した。今回、韓国国防省が提案した軍当局会談は南北軍事境界線付近での緊張緩和を話し合うもので、北朝鮮としても受け入れやすい内容だ。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。