東電、19日から水中ロボ調査

福島第1原発3号機

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
東京電力福島第1原発3号機の原子炉格納容器内部の調査に使う水中ロボット

 東京電力は19日から、福島第1原発3号機の原子炉格納容器内にたまった汚染水の中を水中ロボットで調査する。1~3号機では事故で溶け落ちた核燃料(デブリ)があるとみられるが、これまでの調査では具体的な位置や形状などは分かっておらず、水中ロボットを投入して初確認を目指す。

 3号機の格納容器には原子炉の冷却に使った水が底から約6.4メートルまでたまっている。ロボットは円柱状で直径約13センチ、全長約30センチ。ケーブルで遠隔操作し、前後に設置されたカメラで周囲を撮影する。

 19日は格納容器の貫通部に挿入したパイプを通じてロボットを投入する。

あなたにおすすめ