J1浦和、8月にシャペコと対戦

ペトロビッチ監督「意義深い」

記者会見で記念撮影する(左から)浦和のラファエルシルバ選手、日本サッカー協会の田嶋幸三会長、スルガ銀行の岡野光喜会長、浦和のペトロビッチ監督=18日午後、東京都文京区

 昨年11月に航空機事故で多くの選手らが犠牲になったブラジルのサッカークラブ、シャペコエンセとJ1浦和が対戦するスルガ銀行チャンピオンシップ(8月15日・埼玉スタジアム)の記者会見が18日、東京都内で行われ、浦和のペトロビッチ監督は「非常に意義深い試合に参加できることを名誉に思う」と話した。

 南米カップとYBCルヴァン・カップの王者による一戦。ブラジル・メディアがシャペコエンセの出場辞退を報じたこともあったが、Jリーグは予定を変更せず募金活動など支援を続けてきた。日本サッカー協会の田嶋幸三会長は「立て直してこの試合に臨めるようになった」と近況を説明した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。