サインツ「ダニールとの接触は、映像を見れば何が起きたか分かるよ」 トロロッソF1イギリスGP日曜

©株式会社サンズ

 2017年F1第10戦イギリスGP決勝で、トロロッソのダニール・クビアトは15位、カルロス・サインツJr.はリタイアを喫した。 

■スクーデリア・トロロッソ
ダニール・クビアト 決勝=15位
 カルロス(・サインツJr)とぶつかった後も、走り続けることができたとはいえ、僕のレースはあれで台無しになった。

 当然のことながら、あそこで起きたことについて納得はしていない。あの時は僕の方が前にいて、ダーティなライン上を走っていたのだから、アンダーステアが出るのは当たり前のことだ。

 そして、いきなり接触が起きた。こういうことはレースではよくあるし、避けようがない場合もある。

 けれども、双方のクルマがダメージを受けたのは残念で、チームのみんなに本当に申し訳ないと思う。 もう取り返しがつかないことだから、僕らとしてはここで起きたことから何かを学んで、前に進むしかない。

■カルロス・サインツJr. 決勝=リタイア
 1周目にダニール(・クビアト)との間で起きたことについては、あまり話さないつもりだ。映像を見れば、何が起きたかは分かるからね。

 とにかく、またもやレースをフィニッシュできなかったことが悔しくて仕方がない。もちろんガッカリしているし、望んでいたようなレースにはならなかったけど、それもシーズンを通じて起きる出来事のひとつとして、受け止めるしかないだろう。

 全部で20戦もあれば、こういうレースも何度かはあるものだ……。僕があまり悩まず、落ち着いている理由もそこにある。

 幸運にも、と言うべきか、今回は雨が降るとか、何かしらトリッキーなシナリオにならない限り、大量得点が狙えそうな週末ではなかった。実際、予想外の展開にはならなかったのだから、僕らが失ったものはそれほど大きくはない。

 唯一残念なのは、この週末に1ポイントも追加できなかったことだ。でも、こういう時こそ精神的に落ち込まないことが重要だ。

 落胆しているに違いないメカニックたちとチーム全体を、僕からも激励したい。ハンガリーではすっかり立ち直って、チームとしていいレースウィークエンドを過ごしたいと思っているし、次はもっといいレースができるという自信もある。

あなたにおすすめ