キッズウイーク推進で連携確認

政府初会合、18年度導入目指す

画像
首相官邸で開かれた「キッズウイーク」の推進に関する政府の初会合=18日午後

 小中学校の夏休みの一部を地域ごとに春や秋に分散させる「キッズウイーク」の推進に関する政府の初会合が18日、首相官邸で開かれ、家族で一緒に休めるよう政府、企業が一体となって有給休暇取得を促していくことを確認した。関係省庁が省令改正などを行い、2018年度からの導入を目指す。

 安倍晋三首相は「キッズウイーク定着には、学校側の努力だけでなく、企業でも有給休暇取得が推進される必要がある」と語り、働き方改革と休み方改革を表裏一体で進めていく必要性を強調した。

 会議では、休日の多様化で観光需要が喚起され地域活性化や雇用拡大にもつながることが指摘された。

あなたにおすすめ