シンクロ、チームTRで日本が銅

世界水泳、大会初メダル

©一般社団法人共同通信社

チーム・テクニカルルーティンで銅メダルを獲得し、笑顔で記念写真に納まる日本=ブダペスト(共同)
女子高飛び込み準決勝 板橋美波の演技=ブダペスト(共同)

 【ブダペスト共同】水泳の世界選手権第5日は18日、ブダペストで行われ、シンクロナイズドスイミングのチーム・テクニカルルーティン(TR)決勝で、日本(乾、中村、中牧、阿久津、福村、河野、丸茂、小俣)が93.1590点で3位となり、2大会連続の銅メダルを獲得した。今大会の日本勢で初の表彰台。

 日本はライバルのウクライナを0.7994点差で抑えた。ロシアが96.0109点で優勝し、中国が2位だった。

 飛び込みの女子高飛び込みでリオデジャネイロ五輪8位の板橋美波(JSS宝塚)は準決勝で313.70点の12位となり、上位12人による19日の決勝に進んだ。

あなたにおすすめ