【CG予報動画】都内各地で雷雨やヒョウ 19日にかけて警戒

きょう18日(火)は大気の状態が不安定なため、都内でも激しい雷雨となり、ヒョウが降ったところもあった。動画は午後3時ごろの浅草の様子だが、激しい風が吹くとともに、氷のつぶが落ちてきている様子がわかる。

気象衛星がとらえた雲の様子を見てみると、関東南部で雨雲が発達していく様子がわかる。こういった積乱雲の下では、大雨や落雷、突風、ひょうなどの激しい現象が起こるおそれがある。今後あす19日(水)の明け方にかけても雷雨となるところがあるため警戒が必要だ。

特に九州では活発な雨雲がかかり、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降るところがありそうだ。また、19日午後6時までの24時間に熊本県では多いところで120ミリの雨が降る見込みで、土砂災害などにも警戒が必要となる。

(気象予報士・河津真人)

あなたにおすすめ