パネル落下で滑走路閉鎖、成田

タイヤ片も回収

©一般社団法人共同通信社

航空機から落下したパネルを運び出す成田国際空港会社の関係者=18日午後、成田空港

 18日午後4時ごろ、成田空港の管制官がA滑走路に航空機の部品が落ちているのを見つけて、成田国際空港会社(NAA)に連絡した。NAAは滑走路を一時閉鎖し、航空機のパネルやタイヤ片を回収した。

 NAAによると、パネルは最大で約1.5メートル四方、タイヤ片は縦約50センチ、横約85センチ。NAA関係者が滑走路や誘導路上から運び出した。国土交通省成田空港事務所が、部品を落下させた航空機の特定を進めている。

 A滑走路は約35分間閉鎖され、バンコク発成田行きのタイ航空機が中部空港に一時着陸。出発12機が最大31分遅れた。

あなたにおすすめ