パネル落下で滑走路閉鎖、成田

タイヤ片も回収

航空機から落下したパネルを運び出す成田国際空港会社の関係者=18日午後、成田空港

 18日午後4時ごろ、成田空港の管制官がA滑走路に航空機の部品が落ちているのを見つけて、成田国際空港会社(NAA)に連絡した。NAAは滑走路を一時閉鎖し、航空機のパネルやタイヤ片を回収した。

 NAAによると、パネルは最大で約1.5メートル四方、タイヤ片は縦約50センチ、横約85センチ。NAA関係者が滑走路や誘導路上から運び出した。国土交通省成田空港事務所が、部品を落下させた航空機の特定を進めている。

 A滑走路は約35分間閉鎖され、バンコク発成田行きのタイ航空機が中部空港に一時着陸。出発12機が最大31分遅れた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。