最高7億円の夢発売 サマージャンボ宝くじ

画像宝くじ神社に当せんを祈願する宝くじファン=18日、新潟市中央区のみずほ銀行上大川前売り場

 1等と前後賞合わせて最高7億円が当たるサマージャンボ宝くじが18日、発売された。県内では約140カ所の売り場で販売が始まり、新潟市中央区上大川前通7のみずほ銀行上大川前売り場には、「家を建てたい」「高級外車が欲しい」などの夢を抱いた宝くじファンが次々に訪れていた。

 サマージャンボ宝くじは1等5億円が20本、1等の前後賞1億円が40本。ほか1等1億円が45本のサマージャンボミニと、今年から新たに1等100万円が5千本のサマージャンボプチが加わり、100万円以上の当せんが5435本で前年の約7倍になった。

 上大川前売り場には今回初めて神棚ほどの「宝くじ神社」が設けられた。当せんを祈って手を合わせていた新潟市中央区の無職女性(61)は「豪華客船に乗って世界中をクルーズしたい」と話していた。

 8月10日まで販売。いずれも1枚300円。抽せんは8月20日。

あなたにおすすめ