CA流3分で完璧! メイク直し6ステップを大公開!

©株式会社オールアバウト

常にきれいなメイクをキープするにはスピーディーで効率的なメイク直しが必要不可欠です。忙しいフライト中でも化粧崩れ厳禁なCAが実践する3分メイク直しを大公開!

3分で完璧!CAのメイク直し7ステップ

汗をたくさんかくこの季節。「気づいたらお化粧がドロドロに崩れていた!」なんて経験がある方も多いのではないでしょうか。しかし「忙しくてメイク直しに時間をかけられない」という声も多いもの。

キャビンアテンダントもフライト中はお化粧室に行く時間もないくらい忙しいので、メイク直しにたっぷり時間をかけている余裕はありませんが、お客様の前では化粧崩れは厳禁。常にフレッシュな印象でいなくてはなりません。

そこで全部丁寧に直さなくてもきれいに仕上がるポイントを見出していくのです。ここでは3分しかない!というときでも大丈夫なCA流メイク直しの6ステップをご紹介します。

崩れると一気に汚く見える「目立つ三大ポイント」をOFFする

メイク直しというとパウダーや口紅を重ねるというONに集中しがちですが、それよりも大切なのは崩れている部分をOFFすること。崩れているのにそのうえから重ねてしまうとさらに見苦しいことになってしまいます。OFFするときに注目すべきポイントは崩れが目立ちやすいテカリ、目の下、唇です。

■Sep1. 肌のテカリをOFF

テカっている上からパウダーを重ねてしまうと、よれてさらに崩れやすくなってしまいます。まずティッシュ等で軽くOFFしてからパウダーを重ねましょう。既によれてしまっている部分はパウダーを重ねる前に清潔な指かスポンジなどでポンポンと馴染ませるときれいに仕上がります。脂取り紙にパウダーがついているタイプのものも時短に繋がるのでCAの間で人気です。

■Step 2. パンダ目をOFF

落ちにくいタイプのアイライナーやマスカラを使用していても、頻繁に動く目の周りは崩れやすいもの。特に汗をかく季節は要注意。アイメイクが崩れ目の下がうっすら黒くなっていると一気に老けてみえます。

こうなってしまったら綿棒やコットン等に保湿クリームなどをつけ、黒くなってしまっている部分をOFFしましょう。保湿もできて一石二鳥です。この時、力を入れてしまうとシワやたるみに繋がるので優しいタッチでOFFすることがポイントです。

■Step 3. 唇のモロモロをOFF

唇はリップクリームを塗ったりグロスを塗ったり頻繁に重ねがちなので、メイク直しの時には一旦OFFするのが仕上がりをワンランクアップさせるポイント。Step 2と同様に綿棒に保湿クリームをつけクルクルとOFFするとモロモロ落ちかけている皮もOFFできます。リップクリームをたっぷり塗ってティッシュシュで拭き取るだけでもOKです。

美人に見せる要素をONして疲れ知らずの華やか顔に

Step 1~3で崩れているところをOFFして直すと、それだけでかなりすっきりフレッシュな印象になります。ここからは血色感、艶感、女らしさなど美人に見せる要素をONするStepでさらに疲れを吹き飛ばし華やかな顔を作っていきましょう。

■Step 4. チークで血色感をON

Step 1でテカリをOFFしてパウダーで整えたことによってチークが薄くなっているはず。疲れている時や暗い場所などではチークをやや広めに塗ることで血色感のある明るい表情に見せてくれます。

■Step 5. ハイライトで艶感をON

Step 2でOFFした目の下の部分に明るめのベージュ系のハイライトをのせます。目の周りがパッと明るくなり、フレッシュな表情が復活します。より艶やかに見せたいときはTゾーンやCゾーンなど高い部分に軽くのせるのもオススメです。

■Step 6. 口紅で女らしさをON

Step 3で整えた唇に口紅やグロスをONします。Step 3を行っていることによって口紅もピタッと密着するはずです。きれいに発色したつやつやの唇で女らしさもグンとアップ!グロスだけの時やヌーディーカラーの口紅の時は素の唇によって仕上がりが大きく左右されるのでStep3が重要です。

ここまでできたら、疲れを感じさせないフレッシュで華やかな顔に生まれ変わっているはずです!慣れてしまえば3分で完成します。メイク直しも日々訓練です。この6ステップを基本に自分の崩れやすいポイントや季節、体調による変化などを感じながらメイク直しをすると色々発見があり楽しいはずです。暑さや冷房で化粧崩れしやすい夏場も「CA流6ステップメイク直し術」で常にきれいでフレッシュな顔をキープしてください。

(文:清水 裕美子)

あなたにおすすめ