韓国外相、慰安婦像撤去を拒否

日本と合意再交渉も念頭

 【ソウル共同】韓国の康京和外相は韓国紙の中央日報が19日報じたインタビューで、従軍慰安婦問題を巡る2015年の日韓合意の成立経緯を韓国外務省内で検証すると表明した。その結果により日本に再交渉を求めることも「一つのオプションになり得る」と述べ、再交渉も念頭に置いていることを明らかにした。

 日本政府がソウルの日本大使館前の少女像を撤去するよう要求していることについては「(像を設置した)市民社会の熱望に共感し、尊重しなければならない」と述べ、拒否する考えを明確にした。

あなたにおすすめ