トピック原発問題

全漁連、処理水で東電会長に抗議

「真意伝わらず」と釈明

©一般社団法人共同通信社

東電の川村隆会長(中央)に抗議書を手渡す全漁連の岸宏代表理事会長。右は広瀬直己副会長=19日午後、東京都千代田区

 東京電力福島第1原発で高濃度汚染水を浄化した後に残る放射性物質トリチウムを含んだ処理水を巡り、同社の川村隆会長が海洋放出を明言したことに関し、全国漁業協同組合連合会(全漁連)は19日、川村氏を呼んで厳重抗議した。川村氏は「真意が伝わらなかった。会社としても個人としても海洋放出を判断した事実はない」と釈明した。

 全漁連の岸宏代表理事会長は「発言は漁業者と国民への裏切り行為で、関係者の怒りと不安は極めて大きい」と批判した。同席した福島県漁業協同組合連合会の野崎哲会長は「唐突な発言に大きな不安と不信感を持たざるを得ない」と述べ、抗議書を手渡した。

あなたにおすすめ